【2019年】アメリカ女一人旅〜これで飛行機の旅は完璧だ!〜

アメリカ

こんにちは、Yaeba(@goodbye_yaeba)です。

3月18日〜23日までアメリカ旅行に行ってきました!
先日帰国したんですが、すごく刺激的で楽しい旅行になりました。
初アメリカの女一人旅だったんですけど、特に何のトラブルや怪我もなく無事に帰国できてよかったです。

せっかくなので、アメリカ旅行の旅の記録を残していきたいと思います。

まず第一弾として海外旅行の始めの楽しみ「空の旅」についてです!

アメリカまで空の旅、北京で乗り継ぎしたよ!

アメリカまでの空の旅は北京国際空港で乗り継ぎありの乗り継ぎ便で行きました。

関西国際空港から北京首都国際空港まで(約3時間)
北京首都国際空港でアメリカ行きの飛行機に乗り換え
北京首都国際空港からアメリカNYのジョン・F・ケネディ国際空港まで(約14時間)

まず関空から北京まで行って、北京で少し休憩してからNY行きの飛行機に乗りました。
飛行機の乗り換えは初めての体験だったんですけど、空港内の案内板の「Flight Connection」「Transfer(乗り換え)」従って進んでいけば特に迷うことなく乗り換えできました。

乗り換えだけなので、北京(中国)では入国審査を受ける必要はないです^^
もし次の便まで時間があって、それまで北京を観光したい!という人は入国審査を受ける必要があります。

審査ゲート前に入国審査用の書類が置いてあるので、それに入国目的などを記入してからゲートに並びます。

乗り継ぎだけの人は、かわりに乗り換え用のゲートがあるので、そこで次に乗る飛行機のチケットとパスポートを見せて、保安検査を受けた後に搭乗ゲートに進んで次の便の時間まで待機すればOKです。

最短5分で予約!会員登録不要!海外航空券予約はトラベリスト

海外航空券+ホテルがお得!<エアトリ>

海外格安航空券の最安値検索なら スカイチケット!

パスポートのeチケット控えを持ってチェックインをしよう

国際線の便は出発2時間前に空港に着いてチェックインをするのが理想です。
空港に着いたらまずはチェックイン。
パスポートとeチケット控えを持って搭乗予定の航空会社のチェックインカウンターに行きましょう!

出国時のチェックインでは、滞在先のホテルの住所や電話番号を聞かれる可能性があるので、すぐに分かるように準備しておくといいですよ!

中国では預ける荷物の中に充電用バッテリーなどを入れるのが禁止されているので、キャリーケースから取り出して機内持ち込み用の荷物に入れ替えました。

乗り換え便の時、一度預けた荷物は最終目的地まで返ってくることはないので、北京では空港内の荷物受け取り場で荷物を待つ必要はなく、NYに着いて初めて受け取ります。
無事に荷物もNYに着くことを祈るので結構ドキドキですけどね…!

その後は特に問題なくチェックインできました。

eチケット控えとは?
eチケット控えとは、航空券の受付番号のようなものでこの番号が分かれば機械でのチェックインが可能となります。
航空券を手配できたら必ずeチケット控えを印刷しておくことをオススメします!

緊張する保安検査、落ち着いて対処すれば問題なし!

飛行機の搭乗で緊張するのが保安検査です。
機内への持ち込み物とボディチェックを受けます。

ただ、この保安検査も慣れてしまえば簡単です。
私は今回のアメリカ旅行で計6回飛行機に乗ったので、保安検査にはだいぶ慣れました!

注意するべきことはコレ

  • 財布、携帯、電子機器、PCなどは鞄から出して検査ケースに入れる(PCは単体で検査ケースに入れるのがベター)
  • 持っていた飲み物は捨てておく
  • 化粧品は中身が見えるケースに入れておく
  • 鞄のチャックは開けて職員さんに見せるようにしておく
  • 上着やマフラーは脱いで検査ケースに入れる(アメリカやイギリスは靴も脱いで検査機械にかけます)
  • 自分は怪しい者ではありませんよという堂々とした態度(笑)

中国やアメリカでは職員による入念なボディチェックも受けるので緊張しますが、普通にしていれば問題なくクリアできます。

機内への水の持ち込みはNG!空のペットボトルを持っていれば空港内で水を補給できてオススメ

機内への水の持ち込みは禁止されているので、持っていた飲み物は保安検査前に捨てることになります。

飲み物が欲しくなったら、保安検査を終えてから新たに購入する必要があるのですが、ここで空のペットボトルやクリアボトルを持っていたら便利です!

空港内には自由に水を補給できる給水所が各所にあります。
給水所でペットボトルに水を入れれば、新しく飲み物を購入しなくてもよくなります。

飛行機に慣れている人は自分で好みのクリアボトルを旅行用に持っていたりするので、覚えておくと無駄なく飲み物を手に入れられますよ!

搭乗ゲートはたまに変更になるからアナウンスは聞いておこう!

搭乗ゲートに着いたら一安心、、、なのですが飛行機に搭乗するまでは気を引き締めていてください…!
というのも搭乗ゲートはたまに変更されるから!!

私は行きの飛行機は問題なかったのですが、帰りの飛行機の3回中2回が搭乗ゲートが変更になりました。アナウンスは海外では基本英語で聞き取ることになります。

自分が搭乗するフライト名と今いる搭乗ゲートを頭に入れておけば、英語のアナウンスでも「あ、なんか自分のフライト名がアナウンスされてる」と気付けます。
英語が聞き取れなくても最悪随時電子掲示板を確認すれば大丈夫です!

飛行機の席は実は通路側の方が便利

飛行機の座席で「窓側と通路側どちらが良いですか?」と聞かれることがありますが、景色が見える窓側と答えたいところですが、飛行機では通路側の方がベターです。
それは何故か?

ズバリ、トイレに行きやすいから!

特に10時間など長時間の旅になると何回かトイレに行きたくなります。
その時に窓側だと通路側の人に声をかけて道を開けてもらう必要があります。

これがね、、結構神経使うんですよ…!

特にみんなが眠っている時にトイレに行きたくなったら地獄。
わざわざ隣の人を起こして道を開けてもらわないといけません。。
申し訳ない気持ちでいっぱいになります…(笑)

去年イギリスに行った時は運悪く3席ある中の真ん中だったので、毎回隣の人に声をかけて道を開けてもらいました。
この経験から「飛行機では通路側の席を取る!」と心に決めました。

飛行機内では防寒対策と乾燥対策が必須!

無事に飛行機に乗れたら後は目的に到着するまでひたすら待ちます。
映画を観たり、読書をしたり好きな方法で時間を過ごしましょう。

ただ私が飛行機内で注意していることが「防寒対策と乾燥対策」!!
特に乾燥対策は徹底的にします。

私は喉が弱いので、風邪を引く時は必ず喉の痛みからくるので喉へのケアは必須です。
せっかく旅行先に着いたのに風邪をひいてしまったら元も子もないので…泣

私の乾燥対策はコレ!

  • マフラーを巻く
  • マスクをする
  • 龍角散を常に口に入れておく
  • 定期的に水分を摂る

これらをやっていれば18時間のフライトもへっちゃらでした!
特に龍角散は効きますね…。もう旅の必需品です。

created by Rinker
QIAOYING
¥1,280 (2020/09/20 09:28:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
龍角散
¥673 (2020/09/20 09:28:18時点 Amazon調べ-詳細)

あとはじっくり寝て、目的地を着くのを待つだけです。

海外旅行の一番最初の旅の楽しみに「空の旅」を気持ち良く過ごしたいですよね!
少しでも参考になれば嬉しいです。

では!

 

タイトルとURLをコピーしました